どんな手術なの

レーシックとはどんなもの

「レーシック」は、眼病治療の中でも近視を治療する手術で、眼にレーザー光を当て、「角膜」という部分の屈曲率を改善させるといったことを行います。レーシックの手術で使用されるレーザー光は、エキシマレーザーというレーザーで、このレーザーは、熱を発生させないという点が特徴です。細かな加工も可能なため、眼に施すレーシックのような繊細な手術にも利用されているのです。
上記で、レーシック手術は眼にレーザー光を当てることにより治療を行うことを紹介しましたが、具体的にどのようにして手術が進んでいくのでしょう。ここからは、より詳しくレーシック手術について紹介していきます。

手術の手順

レーシックの手術でまず行われるのは、「フラップ」を作ることです。フラップとは、眼の角膜を薄く削ることによってできるフタのことです。レーシック手術では、このフラップをめくった中にレーザー光を照射します。フラップを作ったあとは、先述したようにレーザー光を当て、当て終わったあとはフラップを元通りに戻し、再びフタをします。レーシックに興味がある人の中には、一度レーザーで削ったのに、また再び戻るのか、と気にしている人もいるでしょう。しかし、フラップは再び眼に定着するので、心配する必要はありません。そのため、上記のようなことを心配している人でも、安心して治療を受けることができます。
また、この治療は手術の時間も短いので、忙しい人でもあっという間に治療を終わらせることができます。眼科によっては日帰りで治療を行ってくれるところもあるので、まとまった休みを取らなくても近視を改善させることができます。
近視の人は、これらを参考に、治療を検討してみてはいかがでしょう。