回復にかかる期間

視力回復

「レーシック手術を受けてみようかな」そういったようにレーシックに対して関心を持っている人の中には、具体的にどのくらいの期間で視力が回復するのか気になっている人もいるでしょう。そんな人のために、ここではレーシック手術後の視力回復までにかかる期間について紹介します。
レーシック手術は、視力回復手術の中でも即効性が期待されている治療の一つで、ほとんどの場合、治療を行った後、3時間程度で効果を実感することができると言われています。「視力が回復した」と実感するのにはやはり個人差があるので、必ずしも上記のように治療後後直後に効果が現れるという訳ではないのですが、3時間程度で効果が実感できないという人でも、術後翌日には回復を実感することができるようです。
上記のように、視界に変化が現れたことを実感できるのは術後すぐですが、視力がきちんと安定するまでにはしばらく時間がかかります。そのため、完全に回復したといえるのは、少し後ということになります。
術後、近視の症状は回復したとしても、「ドライアイ」や「ハロ・グレア現象」など、術後に何らかの症状が現れる危険性も少なからずあります。そのため、手術が無事成功したとしても、術後約3ヶ月の間は経過を観察することが必要です。
もちろん、先述したような症状が起こらない、ということが一番ですが、中には症状が現れてしまう人もいます。しかし、そういった人でも、眼科へ受診すれば、治療を施してもらうことができるので、きちんと対処を行えば、視力が回復したことを実感することができます。そのため、「視力が回復しないのでは」といった心配は要りません。